ニュース
歴史散歩  
講演会   
文化財調査
読書会 女性の集い
広報紙   
ボランティア活動
年間計画  
史考会   
会員のページ
各種へのリンク
  まちだ史考会の目的
町田市市民大学郷土史卒業生をまちだ史考会会員に募り、地域の歴史や、地域社会を学び、 自主的に学習・調査・行動することを目指し、地域の文化発展の一助とします。
会員相互の親睦を図ることも目的としています。
機関誌として「史考会だより」・「いしぶみ」を定期的に発行するとともに、講演会の開催、歴史散歩、各種読書会の活動を基礎と しています。


沿革
1994年6月「まちだ市民史学」講座第1期修了生34名が参加し、市民大学関係者の支援を得て、「まちだ市民史学同窓会」を結成しました。  その後、会の名称を1998年4月に「まちだ史考会」と改称し現在に至りました。
  郷土町田を「知ろう・歩こう・守ろう」
  を合言葉に、地道に活動を続けています。

◆会員数244名(2019年4月25日現在)

◎「まちだ史考会」は市民大学HATSの 郷土史講座修了生の会です。
自己実現のために仲間の力を借りる「場」でもあります。

◎会費 会員  1500 円/年
◎問合先    会長 井上進

御意見のある方ここをクリックして下さい。
お願いいたします。              



2014年1月、創立20周年記念事業として、会員からロゴマークを募集した。結果、佐藤喜芳会員の上記印章が幹事会にて採用決定された。
講演会「姫たちの戦国」
小和田哲男氏
「読書会」
まちだ史考会総会

「歴史散歩」

「遺跡発掘現場」

「ボランティア活動」
「文化財調査」

愛宕山より南、新橋方面の遠望                    F.ペアト撮影

読書会
まちだ史考会